iDeCo 投資・資産運用

海外赴任(海外転勤)したときiDeCo口座はどうなる?

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのマサです。

日本企業もグローバル化でどんどん海外へ進出しています。

「突然、海外転勤が決まった!」という人もいるんじゃないでしょうか。

iDeCo 海外赴任(海外転勤)しても運用できる!?」の記事では、どういう場合に継続して加入者になれて、どういう場合に運用指図者になるのかを解説しました。

[https://shining-life.site/ideco-transfer-overseas/]

運用指図者とは

掛金の支払いをとめて今まで積み立てたiDeCo(確定拠出年金)口座内の資産だけで運用している人を運用指図者といいます。
【あなたは加入できる?】iDeCoは全員が加入できるわけではない」の記事で説明した加入条件から外れていなければ、もう一度掛金の支払いをスタートすることができますが、掛金の支払いをしていれば運用指図者ではなく加入者となります。

加入者=掛金をだして運用している人
運用指図者=掛金をださずに今まで積み立てた資産だけを運用している人

ここでは海外赴任したときに「iDeCo(個人型確定拠出年金)口座はどうなるのか」と「口座を維持できる金融機関」を紹介していきます。

Sponsored Link

海外に住むと今のiDeCo口座は解約かも

国内の金融機関は国外へ移住して非居住者となったら、基本的に口座の解約を求められます。

これはiDeCo(個人型確定拠出年金)口座であっても同様ですが、一部の金融機関では口座の維持ができます。

非居住者になった場合でも口座を維持できる有名な3つの金融機関と、iDeCoを始める人が選ぶことの多い楽天証券を例にみていきます。

  • SBI証券
  • 野村證券
  • SMBC日興証券
  • 楽天証券

SBI証券

iDeCoの口座を開くときには必ず候補にあがる人気の証券会社です。

非居住者の対応についてはこのように書かれています。

当社に証券総合口座をお持ちのお客さまが、海外勤務等の理由により一時的に出国「(本邦)非居住者」 される場合、原則「帰国されるまでの間」も当社の証券総合口座(お客さま名義)にて有価証券等をお預けいただくことができます。

出典:SBI証券 「海外転勤等の理由により出国(非居住)される方への対応について」より

簡単にいうと「帰国するまでの間」も口座の維持ができて、運用指図者となるということになります。

野村證券

海外展開も行っている大規模な証券会社です。

非居住者の対応については「よくある質問」のところに記載があります。

一時的な出国につきましては、引き続き、当社の証券口座で有価証券等をお預けいただけます(※)。「住民票」や「在留証明」など、出国先や出国予定日を記載した書類をご用意の上、お取引店までお問い合わせください
※出国後のお取引については制約があります。

出典:野村證券 「よくある質問  海外勤務のため、出国することになりました。手続きはどうすればよいですか? 」より

簡単にいうと、出国しても引き続き口座は維持できて運用指図者となるということです。

SMBC日興証券

三井住友フィナンシャルグループの証券会社で上の野村證券とならび日本の大手証券の1社です。

非居住者の対応については「よくある質問」に記載があります。

お客様が日本国内の居住者ではなくなる場合は、お取引店に速やかにご連絡いただき、お取引口座をご解約ください。
または、所定の手続きを行っていただき、当社が承認した場合は、制限の範囲内で口座を継続することができます。

出典:SMBC日興証券 「よくある質問  海外へ転居する場合の手続きについて教えてください。」より

簡単にいうと基本的には口座解約だが、手続きをしてSMBC日興証券が認めた場合は口座の維持ができるということです。

口座維持手続きの条件などは取引店へ問い合わせましょう。

楽天証券も口座維持ができる!

楽天証券はiDeCoをはじめる人によく選ばれる証券会社です。

言わずもがな楽天グループに属しています。

非居住者の対応については「よくある質問」に記載があります。

海外に出国されている間は、有価証券等をお預かりするのみとなり、一時的にお取引を制限させていただきます。
また帰国後にご連絡いただければ、制限解除のお手続きをさせていただきます。

出典:楽天証券 「よくある質問  海外へ転勤することになりました。何か手続きは必要ですか? 」より

簡単にいうと取引の制限はかかるが口座の維持はできるということです。

「楽天証券が送る書類を受けとる住所が日本にある」などの条件があるので、楽天証券へ問い合わせてみてくださいね。

条件にはまれば運用指図者として口座を維持できます。

Sponsored Link

口座維持ができない場合

海外赴任でiDeCoの口座を維持できない金融機関で積み立て運用をしてる場合は、口座を解約しなければいけません。

そのときは今ある運用商品を、上で紹介した口座維持ができる金融機関へ移管しなければいけません。

移管とは

積み立て運用している資産を今の運営管理機関(金融機関)から別の運営管理機関へ変更して移すことをいいます。
移管元の今運用している資産を現金化して移管先へ移し、移管先がもう一度運用商品を購入するという流れになります。

-iDeCo, 投資・資産運用
-,

Copyright© Enjoy Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.