「バーレスク」セクシーでキュートなサクセスストーリー(アドセンス審査合格当時)

映画が好きすぎて、映画の記事ばかりになってしまいます。

管理人のマサです。

もっとグルメのことも載せたいのですが、記事にしたい映画が多すぎて手が回っていません。

もっと時間を作って記事を書いていきますので、少々お待ちをm(__)m

今回はクリスティーナ・アギレラの初主演映画「バーレスク」を紹介します。

彼女の美しさと歌唱力が際立っている映画ですよ!

あらすじから確認してみてくださいね。

あらすじ

主人公のアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、田舎で歌手を夢見ながらもアルバイトをして生活をしていました。

アルバイト先のオーナーと給料の未払いでケンカをするのをキッカケに、アリは夢を叶えるためにも、単身でロサンゼルスへ行く決意をします。

しかし田舎からでてきたばかりの娘を、どこのレコード会社も雇ってくれません。

そんなときに道を歩いていると、「バーレスクラウンジ」というお店へ入っていくセクシーな恰好をした女性を見かけます。

興味を持ったアリはそのお店に入ってみると、ショーパブのようなお店でしたが、凄みのある歌唱力と迫力のあるダンスを見て自分もここで働いてみたくなります。

ウェイターのジャック(キャム・ギガンテッド)からオーナーを聞き出して、自分もバーレスクラウンジで働かせてほしいと直談判にいきます。

しかしオーナーのテス(シェール)は話を聞こうともせず、門前払いをされてしまいます。

それでも諦めないアリは、勝手にウェイターとして客席で働きだします。

これを見たテスはウェイターとしてならと、アリを雇うことにします。

ウェイターとして生活をしていると、アリの家に空き巣が入って無一文になってしまいます。

そこでアリが頼ったのは、ウェイター仲間のジャックでした。

ジャックは婚約者がいてましたが、困っているアリを見ているとほっておけなくなり、ジャックとアリは一緒に暮らすことになります。

一方、バーレスクラウンジではショーに出れるだけの、踊れるキャストがいないかと採用面接していましたが、アリはそこへ乱入して自分の素質を必死にアピールします。

なんとかテスにステージへ上がる許可をもらって、ウェイターからキャストへと昇格しますることができて、ダンスを必死に練習します。

さらに、バーレスクラウンジではテス以外は自分で歌うことはなく、往年の名曲を流してキャストは口パクで曲にダンスを合わせるのですが、歌手を夢見るアリはテスに自分は歌えると訴えます。

しかしそれは認められず、ダンスだけを踊る日々を過ごします。

ある日、バーレスクラウンジのトップキャストのニッキ(クリスティン・ベル)の身勝手で、アリが彼女の役を代わりに務めることになります。

しかしそれに嫉妬したニッキはアリが踊るパートでステージの曲の電源を抜いてしまいます。

突然真っ暗になったステージで店内はシーンと静まり返ります。

慌てて幕を下ろしかけたときに、アリはアカペラで歌いだします。

素晴らしい歌唱力で客席とステージを盛り上げたアリを見て、テスはアリの才能を認めてトップキャストとして推していくことにします。

そこからのアリの生活は一変します。

一緒に住んでいたジャックが婚約者と別れることになって付き合うことになったり、不動産会社を興して成功しているマーカス(エリック・デイン)の目にとまり、新聞でもアリのステージを取り上げられたりします。

しかしバーレスクラウンジは繁盛しているかに見えましたが、これまでの借金が多くて経営難に陥っていました。

これを解決するにはマーカスにお店を売却することでしたが、テスは自分のお店を売り払う気にはどうしてもなりませんでした。

アリはジャックと喧嘩をしたタイミングでマーカスに口説かれます。

マーカスの家に行ったアリはバーレスクラウンジも含めた周辺の土地を開発して、大規模は商業施設と高層ビルを建てる計画を知ります。

これに怒ったアリはこの計画を知らせるために、急いでテスの元へ向かいます。

アリは以前マーカスから空中権というものがあることを聞いており、アリとテスはバーレスクラウンジの向かいに立っている見晴らしを売りにしている高層マンションの販売会社に、お店の空中権を売って借金を完済します。

そしてアリとジャックも仲直りをして、ジャックが作った曲をステージで披露します。

オススメなところ

バーレスクは迫力のある歌とダンスを、煌びやかで豪華なステージと美しいキャストたちがさらに盛り上げて、素晴らしい作品になっています。

この映画を観た人は、こんなお店に一度は行ってみたいと思うのではないでしょうか。

実は大阪や東京では、この映画を基にした「バーレスク」というお店が存在するので、機会があれば覗いてみるのもいいかもしれませんね。

オススメ1.主人公アリがキュート

今作の主人公アリ(クリスティーナ・アギレラ)がとても美しくキュートで、見た人は目を奪われると思います。

あんなに細い体のどこにあんなに迫力のある歌声を出す力があるのか不思議です(笑)

アリの人懐っこくて、物おじしない性格も、とても魅力的ですよ。

諦めない芯のある女性で、応援したくなる存在です。

オススメ2.やりたいことは何があっても諦めない

主人公アリとバーレスクラウンジオーナーのテスの性格で、とても似ているところがあります。

それは「負けず嫌い」で「なにがあっても諦めない」ことです。

アリとテスはお互いに負けず嫌いなので、ぶつかることも多いのですが、信頼しあうようになると、だんだん娘と親のように見えてきます。

そしてテスはお店の借金が多くても最後まで銀行を回り、なにか手はないかと考えます。

夢のために諦めない姿勢がとても強い女性だと感じます。

作中で電気が消えたステージの上でテスがリハーサルとして「You Haven't Seen the Last of Me」を歌い上げるシーンは、歌詞も相まって圧巻ですよ。

オススメ3.圧倒的な歌唱力と煌びやかなダンス

テスとアリの迫力ある歌と煌びやかで豪華なダンスは、間違いなくバーレスクの見どころの一つです。

アリ(クリスティーナ・アギレラ)はさすがとしか言いようがありませんね。

ジャックと付き合ったときにアリが圧倒的な大迫力の歌唱力で歌いあげる「Bound To You」のシーンは、女神のように美しい容姿と相まって、私が大好きな鳥肌シーンの一つです。

まとめ 一度は行ってみたい最高のエンターテイメントのお店

バーレスクをオススメする魅力を紹介しました。

この映画は現在のダンスシーンやエンターテイメントのお店に大きな影響を与えた映画の一つです。

東京や大阪には実際に「バーレスク」というお店ができましたしね。

それだけこの映画に憧れた人がいてたということでしょうね。

バーレスクを見てから、興味があれば実際にお店に訪れると、とっても楽しいかもしれませんね。

Copyright© Enjoy Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.