iDeCoまとめ

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのマサです

iDeCo関連の記事が増えたため、このページでまとめていきます。

節税ができたり、年金の不足を補えたりと、活躍が期待されているけど、普段から資産運用に取り組んでいなかったらわかりにくい部分もありますよね。

特にサラリーマンができる節税というのは限られてるので、「サラリーマンでも節税できる!大増税時代の節税知識8選」の記事でもその一つとして紹介しています。

はじめてから「こんなはずじゃなかったのに!」と思わないように、わかりやすく各パートごとに解説しています。

もし不明点や気になるところがあれば、下の質問フォームから質問してください。

質問フォーム

iDeCo【税制3大メリット】

iDeCo(確定拠出年金)のメリットってなに?という人へ。

受け取るときに年金不足を補うだけではなく、掛金を支払っているときにも節税できるという3大メリットがあります。

どれくら税金が下がるのかも例として載せているので、この記事では複雑な制度をわかりやすく解説しています。

iDeCo【3大デメリット】

「iDeCoはお得!しないと損!」と聞くけど良いことばかりじゃありませんよ。

もちろんデメリットもあります。

人生プランによってはしない方がいい人もいますので、あなたがiDeCoに合っているかを確認してみてください。

【加入条件】だれでもできるわけではない

周りでiDeCoを始めている人も増えているんじゃないでしょうか。

実際にあなたも始めようとしていませんか?

iDeCoは加入条件があって誰でもできるわけではありません。

あなたは始めることができますか?

確認してみてください。

資産状況の見直し(確認)は大事

iDeCoはあなた自身が選んだ金融商品で資産運用をする制度です。

なので、あなたが好きなタイミングで運用商品を買ったり売ったりすることができます。

ですが仕事や家事をしながら、毎日資産状況を見る時間はとりにくいものです。

そんな人のために見直すタイミングを2つオススメします。

資産を増やすにはこの2つをしましょう

資産状況を見直して資産配分を変えるときはスイッチングと配分変更を利用しましょう。

それぞれの違いを解説します。

転職(退職)したら手続きが必要?

「iDeCoはじめたけど、もうすぐ転職(退職)予定。ほったらかしでも大丈夫?」

ダメです!手続きが必要です!
これをしないとせっかく積み立てた資産がへっていきますよ!

手続きの仕方から必要な書類まで完全解説します。

海外赴任したら運用できない?

日本企業もグローバル化で海外転勤の機会が増えましたね。

「iDeCoはじめたけど海外転勤になった!どうしよう!」という人へ。

運用できる条件があるので確認してみてくださいね。

海外赴任でiDeCo口座はどうなるの?

日本の口座は海外に住むことになると基本的には解約されてしいます。

「解約されない金融機関はどこ!」という人へ。

iDeCo 海外赴任(海外転勤)しても運用できる!?」の記事と一緒に、口座はどうなるのかも確認してくださいね。

Copyright© Enjoy Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.