iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリットを解説

こんにちは、最近はお金の話が多いですが、映画も変わらずみているマサです。

iDeCoイデコNISAニーサで資産運用の敷居が低くなっているとはいえ、まだまだしたことがない人や始めたばかりの人も多いですよね。

今回は、NISAニーサとよく比較されるiDeCoイデコのメリットについての記事です。

もしNISAニーサにも興味があれば「各種NISAの比較とメリット・デメリット」も見てください。

わかりやすく説明しています。

iDeCoって何?という人へ

iDeCoイデコって聞いたことはあるけど何?っていう人も多いと思います。

個人型確定拠出年金を略称で「iDeCo(イデコ)」と呼んでいます。

私的年金の一つで、毎月一定額の掛金を積み立てていきます。

積み立てた掛金は用意されている商品(定期預金・投資信託・保険など)から自分で選んで運用してきます。

税制優遇で節税の効果がある反面、原則60歳以降からしか引き出すことができません。

老後資金の年金不足分を補うための私的年金として積み立て運用していくわけです。

途中で掛金の支払いをストップすることもできますが、その場合でも口座の管理手数料は引き出すまでかかり続けるなど、「【注意】iDeCo(個人型確定拠出年金)のデメリット」の記事では、デメリットを詳しく説明しています。

iDeCoに加入できる人とは?

iDeCoイデコはこれまで、無職の人や専業主婦の人は加入ができませんでした。

それが、平成29年1月の改正から20歳以上60歳未満のほとんどの人が加入できるようになりました。

ですが、一部の条件(農業者年金の加入者や国民年金保険料を支払っていないなど)に当てはまる人は、加入することができないので要注意です。

【あなたは加入できる?】iDeCoは全員が加入できるわけではない」では詳しく説明しているので、あなたが加入できるか確認してみてください。

iDeCoイデコの税制3大メリット

iDeCoイデコは老後資金の不足を補うために積み立て運用をする制度です。

それだけであればiDeCoイデコを利用せずに自分で定期預金や投資信託を購入すればいいと思う人もいるかもしれません。

それでも同じ目的で積み立て運用をするのであればiDeCoイデコを利用した方がお得なメリットとして、3つの大きな税制優遇を受けられるということがあります。

税制メリット1)掛金が所得から全額控除される

iDeCoイデコの年間掛金を全額所得控除されるため、所得税と住民税の支払いが減ります。

年収や他の控除の状況によって軽減される税金額は変わりますが、iDeCoイデコの掛金を積み立て続ける限り節税することができます。

所得控除の例

年収500万円、iDeCoイデコイデコの掛金が毎月1万円(年間12万円)積み立てている場合。
年間節税額24,000円、10年間で24万円になります。
※概算のため、各自の控除状況などによって節税額は変動します

国税庁参照HP
小規模企業共済等掛金控除

税制メリット2)運用益に税金がかからない(非課税)

投資信託の分配金や定期預金の利息、個別株の配当金など、運用益が非課税になります。

iDeCoイデコを利用しない場合は、定期預金の利息や投資信託の分配金などの運用益に、約20%の税金がかかります。

この税金がかからないため、通常であれば支払うはずの税金額分も再投資として運用に回すことができます。

運用が上手くいって利回りが高くなればなるほど通常は税金額が上がるので、iDeCoイデコだと節税効果が大きくなり運用効果があがります。

課税口座の例

通常、年間の配当金が50万円だとすると、税率20.315%なので、101,575円が税金として引かれます。

税制メリット3)受け取るときにも控除がある

iDeCoイデコは60歳以降に一括(一時金)か分割(年金)で受け取ります。

受け取り方法はどちらでも好きに選ぶことが出来ます。

この受け取り時も控除があって税金を減らす(もしくは非課税)ことがきます。

受け取り方によって控除方法は変わります。


一括(一時金)受け取りの場合

一括で受け取る場合は、分割で受け取っている間にかかる口座管理手数料や振り込みの給付手数料が一回しかかからないため、分割受け取りに比べて低コストです。

さらに、掛金の積立期間に応じた退職所得控除を受けることが出来ます。

出典:国税庁「No.1420 退職金を受け取ったとき(退職所得)」より

iDeCoイデコに加入せずに運用をして、一括で受け取るときには約20%の税金がかかります。

iDeCoイデコであれば受け取り額から退職所得控除内であれば非課税ですし、超えていても控除を引いた所得額からの税金計算ですのでお得になります。

ただし勤務先からの退職金との合算になるので、退職金が多かった場合は所得税率が上がるので税制メリットがなくなる場合もあるので注意です。


分割(年金)受け取りの場合

一時金受け取りの場合は退職所得控除を受けれましたが、分割受け取りの場合は公的年金等控除を受けることができます。

出典:国税庁「No.1600 公的年金等の課税関係」より

65歳未満だと受取額が年間70万円以下で非課税、65歳以上だと120万円以下で非課税になります。

注意点は一括受け取りの退職所得控除が勤務先からの退職金と合算しての算出と同じように、分割受け取りの場合も公的年金と合算されて計算されるということです。

厚生年金をiDeCoイデコを受け取ると非課税枠を超える可能性がたかく、税金が増えるケースもあります。

年金収入の増額で健康保険や介護保険の負担も高くなる可能性があるので注意してください。

国税庁参照HP
公的年金等の課税関係

iDeCoにもデメリットはあります

掛金が所得控除されたり、運用益が非課税だったり、受け取り時に退職所得控除や公的年金等控除を受けれたりと税制優遇があってお得感がありますが、iDeCoイデコならではのデメリットも存在します。

60歳までは原則引き出しができないことや、掛金の支払いをやめても口座管理手数料はかかり続けます。

【注意】iDeCo(個人型確定拠出年金)のデメリット」ではどんなデメリットがあるのか詳しく説明しています。

https://shining-life.site/ideco-demerit/

iDeCoイデコは後から「知らなかった」といって、途中でやめることが原則できないので、しっかり確認しておいてくださいね。

iDeCoイデコ公式ホームページを載せておきます

公式ホームページがあるのでiDeCoイデコに興味がある人は一度見ておくと良いかもしれませんね。

マンガやアニメで説明されていたり、パンフレットを見れたりするので、気になる点を確認するには便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です