保険の見直しを絶対にするべき3つの理由

こんにちは、AFPのマサです。

先日、マネーセミナーを開催してきました。

そのときに受講していただいた方から、「保険を何年も変えていない」という話を聞きました。

保険って加入するときはとても悩みますが、入ってしまうとほったらかしにしてしまいがちです。

なので、今回は保険を定期的に見直すべきポイントを書いていきます。

保険は難しいから考えたくないという人も多いと思いますが、そんな人へは「生命保険は複雑で難しいと感じる人へ!3つの基本型!」の記事でわかりやすく解説しています。

子供が独立したり、親と同居することになったなど、あなたや家族の状況は刻一刻と変化していきます。

万が一のときに適切な保障を得られない可能性もあるので、この記事をきっかけに見直しを考えるタイミングになれば嬉しいです。

保険見直しの必要性

保険って、万が一のことがあったときに、大きなお金が必要になって生活に支障がでるから入りますよね。

でも家庭や自分の状況は変わっているのに、保険そのままにして見直さないということは、この万が一の事態が起こったときに備えられず、生活がなりたたなくなる可能性が高くなるということです。

なので、見直しをしないで困ることは次の3つです。

保障内容が古く、今の医療技術に合っていない

事故や病気はこちらの都合を待ってくれません。

突然やってきて、古い保険の保障内容だとカバーされないということも多いです。

例えば、ガンは2人に1人がなると言われていて、ガン保険に加入する人は年々増えています。

見直しをしていな方が今入っている保険は、初期のがんの上皮内新生物は対象外ということが、本当によくあります。

他にも入院1日1万円というような、入院給付金の保障内容にしていませんか?

入院や通院が〇日以降からという保障内容ではありませんか?

以前は長期入院が一般的でしたが、今は通院で治療をするケースが多いですよ。

病気や手術箇所の種類にもよりますが、手術をしても1日で退院というケースもあります。

国策でも医療費の増加を止めるために、入院日数を減らす政策を進めてますよね。

なので、入院の保障ではなく、診断された時点での一時金として受け取れる方法をおすすめします。

さらに、ガン保険は再発する可能性も低くないので、一度ガンと診断されれば、それ以降の保険料は免除されるような保険もおすすめです。

環境の変化(ライフステージの変化)

結婚したり、子供が生まれたり、転職したり、定年退職したりといろいろ生活環境は変わります。

変化に応じて、収入や支出、最適保障額が変わりますよね。

子供が小さければ保障も手厚くする必要がでてきますし、子供が独立すればそれまでの大きな保障は必要なくなります。

ライフステージが変わるということは、保険の見直しのタイミングでもあるということです。

死亡保障ばかりを手厚くしていて、奥さんや旦那さんと離婚や死別してしまい、独身になったときに面倒くさいからと放置していると、自分の老後の生活に困りかねません。

今まで払っていた保険料をそのまま貯めておけば、もっと悠々自適な生活を送れたのに!と後悔しても後の祭りですよ。

払い込んだ保険料はほとんどが掛け捨てで、満期では10分の1になって返ってきたということもよくあります。

後回しにするほど保険料が高額になる

年齢が高ければ高いほど、ケガや病気になる可能性が上がります。

そのため、加入の年齢が上がれば月々の支払保険料も一般的には高くなります。

今の保障内容を見返して、現代の治療方法に合っていなかったり、免責事由が多すぎて、いざ保険を見直しても保険料が高額になりすぎて生活の大きな負担になるので諦める人もいます。

場合によっては今の倍以上になるケースもあります。

そのため、年齢が上がる前に、早め早めで見直すことはとても大事です。

保険ならなんでもかんでも見直せばいいというものでもない

ここまでは保険の見直しをしなければ、今後困ることを書きました。

ですが、保険ならなんでも切り替えればいいというものでもありません。

今解約すると損してしまうケースもあるからです。

お宝保険はその典型例ですね。

お宝保険とは

バブル時代の高金利で運用利率が設定されている保険のこと。
当時の個人年金保険や養老保険がこれにあたります。

ほかにも、若い時に入っていた終身保険や養老保険は加入当時よりも年齢が上がっているので、同条件でも保険料が高くなります。

今入っている保険が見直すべきものかを判断するためにも、まずは自分が今入っている保険の内容をもう一度しっかり把握しておいた方がいいかもしれませんね。